2011/04
号外:愛と感謝

今回の東北大震災にさいして、物心両面、また具体的なケアなどの支援の必要性を痛感しております。

皆様もすでに実施されていらっしゃると思いますが、義援金も支援のさまざまな物も大切です。しかし、また同時に精神的な面とエネルギーのレベルからのサポートもとても大切だとも感じています。

そのために5月27日と28日の2日間「副人格の統合」のセミナーでは、個人の持つ潜在意識の中の副人格の統合のワークと同時に、次のようなワークを行います。

○福島の水の浄化のワーク
○ホ・オポノポノによるヒューレン先生のワーク
○大地と人を癒す光の瞑想

具体的には目に見えなくても、人の思いや愛はかならず相手に届きます。実際に「水からの伝言」で知られる江本勝さんによれば、放射能で汚染された水ですら、感謝と愛とを送ることで結晶構造が変わることを突きとめていらっしゃいます。

ご賛同いただけましたら、どうぞ副人格のセミナーにご参加ください。一人より二人、二人より三人。その力は倍ではなく二乗になります。悲劇を悲劇のままに終わらせず、あらたな光、あらたな世界の再出発の機会にすることが、亡くなった多くの方々、被災された方々への感謝の表し方ではないかと思っています。

ご参考までに、江本勝さんのメッセージを以下に転載させていただきました。詳しいことをお知りになりたい方は、以下のブログをご覧ください。

以下、江本勝 氏の公式サイトより転載。

『波動時評:水と放射能汚染と波動性』

今回の福島原発事故で、注意深く事の推移を見守っている方はお分かりの事と思いますが、放射能を防ぐのも水、それを広めるのも水と言う、二つの物質の、切っても切れない関係です。

実際、放射能拡散を防ぐためにやっている事は、海水や真水を自衛隊員や消防隊員の方が、リスクを冒して直近までゆきホースで放水しているだけです。

また、その汚染は、100キロも離れた東京の浄水場の水にまで及んで、それがすぐに感知されたと言う事は、空中や地中の水の分子が、放射能情報を速やかに伝搬したために違いありません。

何故そうなのか、原子核理論などは勉強した事がないので、専門的な事は分かりませんが、日ごろから波動の研究をしているものとしての直感から、ハハーン、この二つをそのような関係にしているのは、共に波動的特性によって存在している物質だからに違いない、と思っています。

もともと私の言う波動の世界とは、物質の最小単位である原子の向こうの世界、素粒子の世界のエネルギー動向を、微弱振動どうしの共鳴非共鳴関係を水を通じて観察するものでした。

そして、波動その物である水の世界と人の意識とは、これまた切っても切れない関係にある事を、結晶写真撮影の技法や、人の体を癒す事の出来る波動水の開発投与などによって、科学的に言えば全く低いレベルでしかありませんが、一応証明してきました。

ですから、今回の事故に対する対策もきちんと出来ると思っています。20年間勉強してきた波動の真理を当てはめればよいのです。まず、この写真をご覧ください。

放射能漏れ事故の時の水の結晶写真

1999年10月に起きた茨城県東海村JOC研究所で起きた放射能漏れ事故の時の水の結晶写真です。

私どもの波動会員が、たまたま事故現場から400メートルの至近距離に住んでおられ、大変心配だからと言って自宅の井戸の水を送ってこられました。それをすぐに凍結させて結晶写真を撮影したものです。

結果は御覧のように、非常におぞましい、かって得た事のないような結晶となりました。明らかに放射性物質の影響を得てしまったものと思われます。

私はこの水の放射性物質を何とか除去する事は出来ないかと思い、当時私が使っていた波動測定器(転写機能もある)を使って、ある情報をその水に転写しました。そして再び結晶写真を撮影したのです。

そしたら、おぞましい結晶は、次のように美しいまるでダイヤモンドのような結晶に変身したのです。この写真をご覧ください。

転写後の写真

問題は、この時に何の情報を転写したかと言う事ですが、それは、MRAのコード上でB222と言うものでした。そしてそれは、免疫力向上と言う情報だったのです。

その時は、免疫とか自己治癒能力の意味は、私には、まだ分かっていませんでした。

しかし、その後の研究で免疫と言うのは、ストレス0の状態、つまりその人の体の情報が愛と感謝に満ちている時に、パーフェクトになるのだと気が付きました。

と言う事は、放射能の情報は、全くその逆の情報である事が推理されます。

愛の反対は、憎しみ、感謝の反対は恨みですから、憎しみと恨みと言う、まさにネガティブなエネルギーの塊の情報である訳です。

でもそれが分かれば、怖い事は有りません。放射能に対処するには、いつも愛と感謝の思いを持っていれば良いと言う事になります。

それを証明するもう一つのお話が有ります。

1986年4月に当時ソ連、現在ウクライナのチェルノブイリという所で、大規模な放射能漏れ事件が有りました。この事件では、都合9000名を超す方が亡くなられたという世界最悪の原発事故です。そこから100キロほど離れたある村に、アレクセイと50数名の老人たちが住んでいました。

事故後、政府は、近隣の村々全てに立ち退きを命じますが、アレクセイと50数名の老人たちは、頑としてそこを動きませんでした。

政府の役人が放射能測定器を持ってきて、いろいろな所から、高濃度の放射能を測定しそれをアレクセイ達に見せますが、彼らはそれでも動こうとしません。そして言うのです。

「僕らにはあの泉があるからね。あの泉は100年も前から僕らを守ってくれているんだ。」と。

実際に役人がその水の放射能値を測定したのですが、何の反応も無かったという実話です。今でも彼らは、その泉のそばで幸せに暮しているとの事です。

なぜ、その泉は放射能に汚染されなかったのでしょうか?
それはそこに住む人々が、100年も前から愛と感謝の思いをその泉の水に捧げてきたからに違いありません。

そう、愛感謝の思いを持ってさえいれば放射能など怖くは無いと私は思います。

もちろん政府や専門家の意見にまず耳を傾けながら、余裕のある方々は、彼らの言う通りに対処すれば宜しいかと思いますが、そうでない方は、例えば下の写真を水のボトルに貼ったり、「愛感謝」と言う言葉をボトルのうえに書いたりして、対応してくださる事が、次善の策になろうかと私はお勧めするものです。

もちろんいずれの場合でも、その想いを込めて作業してくださるようお願いいたします。

2011年3月24日   江本勝
Copyright (C) OFFICE MASARU EMOTO, All Rights Reserved.

多くの皆様に愛と感謝をこめて
2011/04/05 高瀬千図拝

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA