2018/04/09
大人が言う気の強い人

平成30年4月某日
今日は一日、というか昨日も仕事がしたくなくてどうしようもなくて、原村の子供たちを連れてニトリに行き、彼らが我が家で使うコップをそれぞれに買った。結構センスが高くて、値段は関係なくて、モダンなステンレスのビールグラスを選ぶ。帰りに三人で 蔵人くろうど によって焼き味噌ラーメンを食べた。

今日もぜんぜんやる気なし。で、ホームセンターに行く。4月に入ってからこの症状はさらに悪化していく気がする。なんだか落ち着かない。早く森が緑になり、庭の花が咲きだすのが待ち遠しいのかもしれない。

花の苗を見に行くと、行き場のないような不登校の中学生みたいな気分が一掃される。ジギタリス、ルピナス、名前の分からない花数種を買って、ディルとパセリ、イタリアン・パセリの苗を買った。帰りかけて、このままでは後悔すると足が止まる。ソメイヨシノの苗を見たせいだ。やっぱり後悔するようなことはしたくない、とソメイヨシノの苗を買い、先日すでに二本植えたレンギョウの苗をもう一本買って帰った。

長靴に履き替え、花とハーブを植え、桜も植えた。先日、御殿場桜と姫コブシとアーモンドの苗を植えたばかり。その横にソメイヨシノも植えた。満足。

明日は仕事をしようと思う。
 

土曜日は子供達が遊びに来るので、ジャガイモの植え付けを一緒にする予定。それから 小楢こなら の木にロープを張って、自家製の 雲梯うんてい を造る予定。この雲梯という言葉がなんとも魅力的。雲のはしご。

ともかく子供と遊んでいるのが何より好き。自分がこの年になってもまだ子供なんだと自覚する。大人は苦手。なんで苦手か考える。防衛網を張り巡らせたような空気が嫌い。やさしげな物言いの帳の奥から、ふっとカミソリが出てきそうで怖い。敵はこちらの落ち度に敏感なのだ。

大人と話した夜は苦しくて眠れないことがある。仕事の話なぞしたときも眠れないときがある。なんかがずれている感じ。腹の内の探り合いみたいな。どっちにしろ、私が決めることだ、というところまで来て、睡眠導入剤を飲む。

私の眠れないのはもうちゃんとした病気だと思う。気の持ちようだと言う人が嫌い。気が持ちようで変わるほど単純なら、心を病む人なんていなくなる。誰だって体が病むのは諦めもつくが、心が病むのはほんとうにつらい。そして、自分ではどうしようもない。奈落は落ちるところまで落ちないと床というものに出会うこともない。

気の弱い人間に強くなれという、そんなことは大人しか言わない。なら、おまえがやってみろ、と言いたくなる。大人が言う気の強い人というのは、ただの無神経で傲慢で自分本位なだけの人。子供ならそんな大人にはなりたくない、という典型的な人。男性に多い。

と言いつつ、いつまでも成長できないこれは私の愚痴です。

2018/04/09 高瀬千図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA